ENTRY エントリー

スタッフ紹介Staff Introduction

10

細谷 悠介

2018年4月入社
モトーレン東都/MINI 西東京

メカニック

細谷 悠介YUSUKE HOSOYA

入社動機は「説明会の雰囲気が
何か、よかったから」

高校三年生の時、自動車の授業で「エンジン機構って面白いな」と感じたことが整備士を目指したきっかけかもしれません。「熱エネルギーを回転エネルギーに変える」というのがすごく斬新だと感じたんです。

この会社を受けてみようと思ったのは外車のバリエーションが多かったから。何となく、それだけで自由度が高いのかな、と。

説明会に行ったとき、雰囲気がすごくよかった。会場の空気感が何か、やわらかい感じがして、給料とか待遇とか確かめないうちに、もし受かったら「ここがいい」と決めていました。たとえ給料が高くても、感じ悪い会社で嫌な人と一緒に働きたくなかったので。高校時代のバイト先で、嫌な人と一緒に働くのが面倒になって結局、続かなかった経験があったので、感じの悪い人がいないことは大事なポイントでした。

幸いにも採用されて、入社後に同期と話したら、同期3人とも給料も確かめずに受けて、「説明会の雰囲気が何か、よかった」という理由で入社していた(笑)。いま、すごく居心地がいいので、この会社に入って本当によかったです。

なぜ感じのいい人が多いのか。入社してから気づいたんですけど、みんなお客様の満足度をとても大切にしているんですね。お客様を喜ばせたい。この目標が定まっていてブレがない。だからみんな自分の持ち場で自分が何をすべきかわかっている。何をすべきかわからない人がいないんです。ちゃんとやるべきことはやって、あとは基本脱力系で生きていきたいので。気を抜くときはダラケたい。それが許される環境なので居心地がいいですよ。

Index