ENTRY エントリー

キャリアパスCareer Path

次世代リーダー育成のために、
私達が取り組んでいること。

ダイワグループではいわゆるプロパーの社長が誕生しています。
会社のポリシーとして「社員から社長を創る」ことをこれまで実現してきました。
私達は優秀な人材が活躍できるポジションをご用意します。

1100年先の事業継承を目指して
会社が存続していく秘訣は優秀な後継者がいるかどうか。それに尽きると思います。だからこそ、常に優れた後継者を育てる風土が必要不可欠なのです。単に次期社長候補を見つけるだけでなく、ひとりひとりの個性をしっかりと引き上げる現場レベルでの風土の醸成がとても大切です。その意味で部長・課長クラスのマネジメント層の役割を明確にすることが重要になってきます。
2脱・プレイングマネージャー
次世代を担う後継者を育てる時間と環境をどれだけ作れるか。その環境づくりは上長の責務です。そのためには個人対個人でしっかり向き合い、部下の個性をしっかりと引き上げるマネジメントが不可欠です。数字に追われるプレイングマネージャーでは現場の底上げは期待できません。そのため、ダイワグループのマネージャーには部下の育成に専念できる環境を提供しています。
3ハイパフォーマーディビジョン
次世代の幹部候補のために、新たな研修制度を導入致しました。成長意欲の高い人材のポテンシャルにフォーカスしたトレーニングを行うことで、会社全体のレベルアップを促します。
4グループ内キャリアアップ異動
人事交流を積極的に行うことにより、グループ間の人材異動を可能にする試みを実施しています。社員の希望を尊重したチャレンジ制度(グループ会社間での異動)の採用など、人材交流の活性化を目指しています。
5独立を目指す人材への支援
社内にとどまらず、ゆくゆくは独立したいという人材のための支援制度を検討しています。優秀な人材の輩出は社会貢献にもつながるため、取引先の紹介など積極支援を現在、考えております。

〜 先輩のキャリアアップ 〜

実際に、キャリアアップを果たした
4人のスタッフをご紹介しましょう。

中澤 陽一YOICHI NAKAZAWA

勤務先 株式会社ダイワグループ
本社
役職 常務取締役
入社 1993年4月
中澤 陽一

人材を大切にすること、
それこそが50年先、100年先も
継続できる筋肉質の企業体。

入社のきっかけは、当時モトーレン東都の経理責任者が高校時代の部活のOBでした。経理職を希望していたところ、新卒採用の予定があるということで株式会社ダイワホンダ(現ダイワグループ)に入社しました。最初は経理職に就きました。その後、モトーレン東都に出向して、総務部長、取締役と歴任してから、2010年にダイワグループに戻り、取締役、常務取締役とやらせていただき、現在に至ります。

私が入社当時から大切に考えていたことは、「信頼」される人になるということです。そして与えられたことは、誠実に真摯に取り組み、チャレンジをすることです。何事も始める前から出来ないと思わないこと。どうやったらできるのだろうか? と考えることが大事なのだと思います。そのためには、自分自身も事前に準備しておくことは必要ですが。

確実にキャリアアップできたのは、会社からその時々でチャンスをもらったからだと思っています。経理職から総務職、部長職から取締役とそのステージごとに期待してもらったので、責任感を持ち、色々チャレンジさせてもらいました。前向きに仕事に取り組んでいる者には必ずチャンスは与えられます。

今後は、企業理念でもあります「皆で幸せになろう」を本当に実現したい。働いているスタッフ全員が、仕事もプライベートも充実して、幸せになれるような環境をつくっていこうと思っています。人材を大切にすること、それこそが50年先、100年先も継続できる筋肉質の企業体なのだと考えるからです。

川口 修平SHUHEI KAWAGUCHI

勤務先 株式会社モトーレン東都
株式会社モトーレン湘南
役職 Toto BMW 取締役統括部長
Shonan BMW 営業本部長
入社 2007年4月
川口 修平

まず行動すること。
それから考える。
挑戦できる土壌が、
社員を、会社を、成長させる。

モトーレン東都に入社する前も、他社のプレミアムセグメント輸入車のセールスを行っていました。まさしく競合ブランドです。セールスとしてさらなる成長をしたいと思い、当時評判が良かったBMWの販売に挑戦したいと思ったのが入社のきっかけです。

いままで仕事上で大切にしてきたことは、「行動してから考える」ということ。まず行動することで新しい考え方が生まれ、いままでの車線を変更することも、行き先を変えることも、Uターンすることもできます。自分を見つめているだけでは、新しい可能性は見つけられないものです。
とにかく行動する、すると何かが見えてくると確信しています。失敗を恐れず、すみやかに行動を起こし、全力で取り組む。その経験の中から学ぶという精神を、私は貫いてきました。

キャリアアップのために特別な学習をしてこなかった私に、学びを提供してくれたのは「人」です。多くの人との出会いから、たくさんの学びを得ようと心がけてきました。中でも特に同じ職場で働き、働くことでの目的・目標を示してくれた先輩・上司の方々には感謝でいっぱいです。

変化は、急激に始まるものです。チャンスは、突然やって来るもの。大きな変化を受け入れやすい時もあれば、躊躇してしまう時もあるでしょう。しかし、常にキャリアアップの好機を逃さない心構え・覚悟を持つ必要があると思います。

今後も、私の信条である「とにかく行動する」ことに変わりはありません。加えていままでしていなかった学習にも積極的に手を伸ばし、人間力や見識を磨いていきたいと考えています。

三堀 隆之TAKAYUKI MITSUBORI

勤務先 株式会社ファイブスター東都
本社
部署 テクニカル部
役職 部長
入社 1998年10月
三堀 隆之

仲間を大切にし、
お客様を大切にする。
そんな会社を目指して
日々、努力を続けております。

メカニックとして入社して1年でアドバイザー、2年半で工場長になりました。さらに営業職も経験しましたし、グループ会社への転籍なども経験しました。入社して約20数年経ちますが、色々な形で着実にキャリアアップさせて頂いた感じです。

それは、ファイブスター東都は他社と同じことはやらない社風があっての事だと思います。会社も常に新しい事にチャレンジし続けますが、社員も新たな仕事にチャレンジする事が求められます。だからこそ、私のようにメカニックで入社したとしても、違う職種も経験しながらキャリアを積むことになったのですが、それが自分のためになったことは間違いありません。

私は、工業高校自動車課を卒業後、努力すればマネージャーになれるというチャンスを頂きましたが、誰にでもチャンスをくれる会社だと思います。努力と結果、プロセスを正当に評価してくれるのが、我が社の魅力のひとつと言えます。

現在は、テクニカル部の部長を務めておりますが、社員のパフォーマンスを120%発揮できるようにするためにはどうしたらいいか? お客様にファイブスター東都のファンになって頂くにはどうしたらいいか? などが私の目下の課題です。仲間を大切にし、お客様を大切にする。そんな会社を目指して日々、努力を続けております。

吉澤 博史HIROSHI YOSHIZAWA

勤務先 株式会社ダイワグループ
本社
部署 経営管理部 総務・労務グループ
役職 グループ課長
入社 2003年11月
吉澤 博史

一歩踏み出す勇気をもって
仕事に取り組む。
それが一番大事な事だと思い
日々、勤務をしています。

2003年に入社し、営業部 登録業務課として府中本社に配属となりました。
全営業所でお客様が購入された自動車のナンバー登録に必要な書類作成の知識を学び、各都道府県の陸運局や警察署などに出向き登録業務の仕事を一生懸命行っていました。

前職ではシステム部に所属していたこともあり、パソコン関係の知識がありましたので率先して、部署の枠を越えて社内のハードウエア、ソフトウェアの修理や管理、社内ネットワークの構築などや社員に対するパソコンの教育を行っていました。

2008年に本社一括で行っていた登録業務を各店舗に配置する為、武蔵野店に登録業務課として異動になり、2009年には主任に昇格しました。その頃、自動車保険に興味が出てきて独学で勉強していきキャンペーンなどで保険契約を獲得して少しずつ保険の知識を増やしていく事ができました。

転機が訪れたのは2013年。
今までの保険獲得実績及び損害保険大学課程の損害保険トータルプランナーという資格を取得したのを機に保険担当責任者として、係長に昇格しました。そこから5年間、保険責任者として社員研修やキャンペーンの企画や運営を行い、社員と自己のスキルアップを図りながら保険業務に一生懸命取り組み、全社員一丸となって当社の保険実績を実に2倍近くまで伸ばす事に成功しました。

そして2018年8月に経営管理部 総務・労務グループ 課長に昇格しました。
また畑が違う部署での仕事となりましたので毎日が勉強となっています。簡単な仕事ではありませんが自分のスキルアップの為には非常に有難いと思い、会社に感謝しています。

枠の中の仕事にとらわれず、殻を打ち破ることができた時はじめてキャリアアップが出来ると信じています。