ENTRY エントリー

私たちの活動Our Activity

イベント活動

イベント活動

「お客様の想像を超える
トータル・カーライフ」の
ご提案を目指して

ダイワグループの強みのひとつが年間10本以上行われているイベント活動です。一般的なディーラーのイベントといえば大試乗会ですが、お客様に買ってもらうためだけの営業イベントでは不十分だと考えます。お客様に当グループで車をご購入いただいて、その喜びの期待値をさらに上回るライフスタイルを提案できることが重要です。

例えば、ジープを購入していただいたお客様を対象に、本格的なキャンプ『NATURE MEETING』を開催しています。何もない自然の中で1泊2日、ジープと共にキャンプをしていただくのですが、「車とライフスタイル」を結びつけた提案型・体験型のイベントとして定着しています。

また、BMWを購入していただいたお客様には、愛車(または弊社で用意する新型車)で実際にサーキット場を走っていただくイベントを開催。この非日常の体験は、お客様のカーライフをさらに充実させるきっかけになると好評です。

我々ダイワグループは、車というご縁で繋がったお客様の長い人生に寄り添える存在となる取り組みを、今後も継続してお届けしていきます。そして、更にグループのスケールを生かし、ブランドの枠を越えた「お客様の想像を超えるトータル・カーライフ」のご提案を目指して参ります。

グループ内コミュニケーションの活性化

イベントはお客様向けだけではなく、ダイワグループ社員を対象にしたものも開催しています。
その一つが『Daiwa Group Car Festival』です。サーキット場を貸し切り、各社チーム混合で一緒に試乗したり、ご飯を食べたり…といった異空間での社内コミュニケーションを図っています。各社スタッフ間の親睦を深めることと、各ブランドの知識をより高めることが主たる目的ですが、サーキット走行という非日常的な体験もでき、相乗効果の大きなイベントとなっています。

その他、社員旅行も実施。これまでオーストラリア、グアム、台湾、北海道、沖縄、金沢などへ行きました。近年は若いスタッフからは敬遠されがちな社員旅行ですが、普段の仕事では接することのない社員と会話ができ、肩書きや上下関係にとらわれない気さくな雰囲気もまた心地良いと好評です。

「お客様のライフスタイルを豊かにする」イベントを企画・運営しているスタッフが集まった旅行だから「他では味わうことの出来ない有意義な時間を過ごすことが出来る」と自負しています。

ムービー

ムービー

ダイワグループをより認知し理解していただくために、CMやイベント映像の公開を行っています。わたしたちをより身近にリアルに感じていただけるように、これからも映像によるPR や活動報告を積極的に実施していきます。

  • ダイワグループ企業CM

  • ダイワプロテック nano metal coating
    スプラッシュ篇

  • 圭rally project チームメカニック
    2018年 全日本ラリー選手権

  • ホンダカーズ埼玉南 サイミナフェスタ2018

  • Daiwa Group Car Festival 2018

  • Daiwa Group Car Festival 2019

「働き方改革」への取り組み

国を挙げて取り組まれている「働き方改革」。
ダイワグループでも、全社で長時間労働の抑制や残業時間の削減に積極的に取り組んでいます。
企業の生産性と収益性の向上と、社員のライフスタイル・ワークスタイルの質の向上を同時に実現させることをが企業に求められています。そのために、日々の呼びかけによる意識改革はもちろん、社内コンサルタントの導入や、KPI(Key Performance Indicator)データの分析に基づいた現状プロセスの改善など、より具体的で実効性のある取り組みを実施しています。
『限られた時間で、どれだけの成果をあげられるか』をテーマに、そこから得た利益で、可能な限りのGIFTを社員に提供する改革の真意を追究しながら、制度の改善・導入、働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

従業員支援プログラム「EAP」

EAPとはEmployee Assistance Programの略で「働く人のメンタルヘルスケア」のことです。
人間をはじめ動物は「変化」にとても弱い生き物とされています。特に近年、都市生活で受けるストレスに柔軟に対応できない人々も増えています。
強いストレスや不安を抱えながら生活を続けると、体調を崩したり、作業ミス・事故につながったり、場合によっては、日常生活が送れなくなってしまうこともあります。
「身体の健康診断」と同じく「心の健康診断」も必要です。
ダイワグループでは「予防」を最大の目的とし、全社員が利用できるEAP窓口を設置しています。予防やセルフケア、早期発見を行うことで、仕事を含めた社会生活全般が健全で幸福感に満ちた日々となるようにサポートしています。